便利な使い方/災害時帰宅支援

「MapFan+」は、オンラインとオフラインを使い分けるハイブリッドアプリです。

オフラインで利用できること

通信環境の悪い場所、災害時など通信不通のときなどに活用できます。
ネットワークを利用しないので、電池消費も抑えられます。

◆ダウンロードした地域の地図を「オフライン」で表示することができます。

◆iPhone本体のGPS機能、電子コンパスを使って、現在位置を表示します。

◆ブックマーク保存したスポットを見ることができます。

◆ブックマークに保存したルートデータを表示し、ナビゲーションすることができます。

◆検索履歴、ルート履歴を表示することができます。

オンラインでのみ利用できること

◆最新の地図データを表示します。

◆最新のルートデータを使用してルート探索ができます。渋滞情報を表示した状態で探索すれば、渋滞考慮ルートを表示します。
※渋滞考慮ルート探索は有料オプション機能です

◆住所入力や住所一覧検索でピンポイント住所を検索したり、施設名、電話番号、郵便番号をフリーワード入力して検索するなど各種方法で場所の検索が可能です。

◆周辺の施設やスポットの検索ができます。

◆周辺のリアルタイム情報を検索できます。
・渋滞情報
・駐車場満空情報
・ガソリン価格情報
・TVスポット検索情報
※リアルタイム情報検索は有料オプション機能です

◆オービスアイコンの地図表示切替ができます。
※オービス通知機能は有料オプション機能です

災害時/緊急時に備えて

大規模災害時のネットワーク障害や通信環境が悪い場所で道に迷った時に便利です。

よく行く場所、保存データから目的地に向かう場合

1. 「会社⇒自宅」「学校⇒自宅」「実家⇒自宅」など、よく行く場所から自宅までの徒歩ルートをあらかじめ探索してブックマーク保存しておきます。
※探索したルート確認画面の詳細情報をタップすると表示される詳細画面で、ルートのブックマークができます。

2. ブックマークから保存したルートを表示し「ナビ開始」をタップするとルート案内が始まります。現在位置追従ボタンを押して、ルートを確認しながら向かってください。

3. ルートをそれた場合、リルートするには通信が必要ですが、ルートを外れても、目的地方向を示す直線や矢印は表示しつづけます。矢印を頼りに移動していただくか、元のルートに復帰していただくとまた、誘導案内を再開します。

通信を使わないルート案内

災害帰宅支援準備と同様に、あらかじめドライブプランを立てて、ルート探索結果をブックマークしておき、オフライン地図モードにしてご利用いただければ、通信環境が悪い山や海などにお出かけする際にもナビゲーションが可能になり、便利です。

通信がつながらなくなっても、ブックマークしたルートをオフライン環境でナビゲーションすることができます。

MapFan+ トップへ