観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

世界遺産特集 桜に映える姫路城 〜兵庫県姫路市〜

白漆喰の美しい城壁を持つ『姫路城』。
春になると広大な敷地には、約1000本の桜が咲き誇ります。
日本で初めて世界遺産に登録された美しい城と、
桜が見せてくれる数週間の絶景。

姫路で人気の観光スポットと一緒に
お花見に出かけてみませんか?

姫路城 歴史 世界遺産 日本初

美しいだけでなく、堅固な造りもまた素晴しい。

姫路城 連立天守閣 写真 画像

防火に強い漆喰で塗り固められた、真っ白な城壁を持つ。

姫路城 桜 夜桜 花見 ライトアップ

1000本余りの桜が咲く春は、姫路城が最も美しい季節。

世界に認められた美しい城

真っ白な漆喰塗りが美しい『姫路城』。
姫路市のランドマークとして親しまれてきたこの城の歴史は古く、かつての城主・池田輝正が、1601年より9年の歳月をかけて現在の壮麗な姿を完成させました。
1993年には、日本初の世界遺産に登録。日本を代表する最も完成された城郭建築であると同時に、日本最大規模の木造建築であること、400年以上の歴史の中で一度も戦火にあうことなく、建設当初のまま、ほぼ完全に残されていること。更に、人々の努力と熱意により、保存・整備が行き届いていることから、世界的に高い評価を受けています。

敷地内に点在する多くの名所

姫山の上に建つ姫路城の敷地は広大で、その広さは東京ドームのおよそ6倍、天守閣の高さは海抜92m。城内には、多くの見どころがあり、8棟の国宝と74棟の重要文化財が保存されます。
必見は、城を象徴する「連立天守閣(国宝)」。5層7階建ての大天守閣と3つの小天守閣からなり、白漆喰の壁とあわせ、鮮やかな構成美を見せています。

また、有名な伝説が残る場所も点在し、その一つが「お菊井戸」。
昔から伝わる怪談「播州皿屋敷」の中で、お菊が惨殺され捨てられたこの井戸からは、夜な夜なお菊が皿を数える声が聞こえてきたといわれます。

白の城壁に映える桜

例年4月ごろ、姫路城の周りに植えられた約1000本の桜の木が一斉に咲き始めます。ソメイヨシノ、山桜などの花の色が真っ白な城に映え、雅やかな景色が出現。姫路が一番賑わうのもこの季節で、桜の花に囲まれた姫路城を一目見ようと、大勢の人々が訪れます。城では、年に一度の花見を盛り上げるライトアップイベント「夜桜見学会」や、100台もの琴演奏の中、豪華絢爛なお花見が開かれる「観桜会」、2代目の“千姫”が休憩所としていた「化粧櫓」や国宝「乾小天守閣」の特別公開などを開催。

江戸時代より残る古城の情緒と、華やかな桜を囲んでのお祭りで、この時期だけにしか見ることができない“日本の美”を堪能することができます。

姫路をもっと深く知る周辺お立ち寄りスポット

姫路 観光 地図 マップ

レンタサイクル・バスについて

 

姫路城の周りを走るループバスや、無料のレンタサイクルで、姫路の観光名所巡りを楽しめます。
お問合せ先:姫路観光なびポート
TEL.079-287-3658

 
好古園 好古園

姫路城・西御屋敷跡にある優雅な日本庭園。およそ一万坪の敷地内に、趣の異なる9つの庭があります。ここからの姫路城もまた、美しい眺めとなっています。

書寫山圓教寺 書寫山圓教寺

1000年以上の歴史を持つ修行道場。古代から残る自然の中に、大規模な伽藍(がらん)が厳粛にたたずみます。

姫路文学館 姫路文学館

姫路にゆかりのある文人を紹介する文学館。姫路城が美しく見えるように設計された、安藤忠雄氏による建物も見どころです。