観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

秋の夜長の紅葉散歩

秋の京都を訪れると、紅葉がこんなにきれいだったのか!と知らされる。昼の紅葉ももちろんいいが、今回紹介するのはライトアップされる夜。かなり混み合うこと必至だが、幻想的なその美しさを見られる感動は何ものにも変えがたい。

京都・嵐山花灯路-2015 きょうと あらしやま はなとうろ (右京区、西京区)

京都・嵐山花灯路-20152005年より始まった嵐山花灯路は、嵯峨・嵐山エリア(二尊院から天龍寺周辺を通って渡月橋を渡り、嵐山中之島公園、法輪寺に至る嵯峨野散策路と周辺寺院・神社等)の景勝地や寺院・神社・文化施設などを、露地行灯の「灯り」といけばな作品の「花」で幻想的に彩るイベント。約2,500 基のLED 電球を使用した露地行灯が並ぶ総延長約5kmの「灯りと花の路」、渡月橋周辺、竹林の小径一帯のライトアップなど、初冬の日本情緒をたっぷり味わえる。

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡 きゅうさがごしょ だいかくじ もんぜき (右京区)

旧嵯峨御所 大覚寺 門跡真言宗大覚寺派本山の本堂、および日本最古林泉式回遊庭園である大沢池周辺の広大なエリアがライトアップされる。紅葉に包まれる秋の大沢池も格別だが、ライトアップされた心経宝塔と紅葉の風景が放生池に映し出される様は、まさに風雅で幻想的。他にも紅葉のトンネルを散策できる「もみじロード」はおすすめのポイントだ。

詳細はこちら

宝厳院 ほうごんいん (右京区)

宝厳院臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院、大亀山宝厳院。庭園『獅子吼(ししく)の庭』は嵐山を借景に取り入れた回遊式山水庭園で、秋の夜間特別拝観では、庭園を染め上げる紅葉と境内一帯をライトアップ。


詳細はこちら

永観堂 禅林寺 えいかんどう ぜんりんじ (左京区)

永観堂 禅林寺「モミジの永観堂」と親しまれるほど、この時期の美しさは秀逸。光に染められた紅葉が幽玄な空間を創り出し、人々を迎える。期間中は画仙堂を特別公開するのも見どころ。ライトアップが集中する東山から少し離れた趣深い紅葉の名所は、熟年の夫婦が多く訪れるというのも納得。20時頃の遅めの時間が比較的空くそう。

詳細はこちら

清水寺 きよみずでら (東山区)

清水寺京都の紅葉の名所として、外すことはできない名刹。北苑の紅葉谷から南苑の錦雲峡まで、見渡す限りが紅葉で埋め尽くされる。奥の院からは、ライトアップされて浮かび上がる紅葉と清水の舞台、そしてその向こうに広がる京都市街の夜景…まるで別世界にきたかのような景色は、この時期だけの特別なもの。

詳細はこちら

高台寺 こうだいじ (東山区)

高台寺豊臣秀吉の夫人・ねねの寺。臥龍池の淵をゆっくり歩いてみると、ライトアップされた紅葉が池に映り込み、まるで3Dのように迫力ある美の世界。また本堂前の「波心庭」では、趣向を凝らした照明が白砂の庭を彩る。毎年テーマに沿ったデザインによるライトアップで、ひと味違うロマンチックな夜を演出してくれる。

詳細はこちら

青蓮院門跡 しょうれんいんもんぜき (東山区)

青蓮院門跡青蓮院の名を表すかのごとく、幻想的な青い光が印象的なライトアップ。趣向の違う2つの庭を、建物の中から眺められる。移りゆく光の演出をのんびり座って眺めたり、抹茶を一服したり…、その後は庭の散策へ。所々に置かれたお香の香りがさらにムードを高める京都ならではの雰囲気は、カップルでゆっくり楽しむのがオススメ。

詳細はこちら

京都Mapを利用して、旅のプランを考えよう!

※掲載情報は2015年9月時点のものとなります。現在の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ピックアップ特集

レンタカー 予約 たびらい