シラネサン  白根山 

白い山肌とエメラルドグリーンの湖とのコントラストがすばらしい!

標高2160mの『白根山』をはじめ、本白根山、逢の峰などの一帯は、総称して草津白根山と呼ばれ、日本百名山の一つにもなっている。白根山は那須火山帯に属する活火山で、上信越高原国立公園の名峰として多くの観光客が訪れている。

山麓の白根レストハウスをスタートし、整備された歩道を歩くこと約20分。山頂には湯釜・水釜・空釜という3つの火口湖がある。なかでも中央の湯釜はエメラルドグリーンの水をたたえ、その神秘的な景観は、思わず時間を忘れて見とれてしまうほど。

直径約300mの湯釜。吸い込まれてしまいそうなこの色は、酸性度の高い水のため。

草津のメインの山として親しまれている活火山・白根山。

夏は写真のゴゼンタチバナやイワカガミ、クロマメノキ、エゾリンドウなどが楽しめる。

草津白根山の主峰である本白根山では、コマクサの群生が見られる。
住所 群馬県草津町草津
問い合わせ 草津温泉観光協会/0279-88-0800
営業時間 見学自由
交通 JR吾妻線長野原草津口駅より、JRバス(草津温泉行き)で約25分、草津温泉バスターミナル下車、バス(白根火山行き)で約30分
関越自動車道渋川伊香保ICより約75km
駐車場 有/300台/有料
ホームページ http://www.kusatsu-onsen.ne.jp
情報提供元 MapFan Web 観光楽地図
掲載料金について ※本ページに掲載されている料金は、2014年3月以前の税率の料金である場合がございます。