イラゴミサキトウダイ  伊良湖岬灯台 

渥美半島の先端にたつ、白亜の灯台。

1929(昭和4)年に建てられ、海を行き交う船の安全を守り続けてきた『伊良湖岬灯台』。渥美半島沖にある伊良湖水道は潮流が速く、暗礁が沖まで続く航海の難所であったため建設されたという。1998(平成10)年には思い出に残る灯台として「日本の灯台50選」に選ばれ、その美しい姿は伊良湖のシンボルともなっている。

遊歩道を歩いていくと、渥美半島の先っぽ、太平洋に突き出たまさに最先端に、眩しいほどの白い姿が現れる。青い空と青い海とのコントラストを際立たせる白亜の灯台は、昼と夜とではまた違う表情を見せる。

沖には三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった神島が見える。

光を灯し始めた灯台と、鮮やかに空を染める夕日が織り成す夕暮れは一幅の絵のよう。

恋路ヶ浜や道の駅から遊歩道を歩き、万葉の歌碑を見ながら岬を一周してみよう。

夕闇に浮かぶ灯台。伊良湖岬は万葉の昔から今日まで多くの文学者を魅了する地。
住所 愛知県田原市伊良湖町古山
営業時間 外観見学自由
掲載料金について ※本ページに掲載されている料金は、2014年3月以前の税率の料金である場合がございます。
関連スポット

周辺のその他 遊ぶ・泊まる

恋路ヶ浜
恋路ケ浜は4つのジャンルの「日本の百選」に選…
やしの実博物館(伊良湖自然科学博物館)
【営】 10:00-16:00 【休】 不定期,要事前連絡 …
恋路ヶ浜
伊良湖岬灯台から日出の石門までの約1km、太平…
恋路ヶ浜
豊橋市街より車で約90分。伊良湖岬から約1kmに…
マリーナ伊良湖
伊良湖マリーナ