カーナビの地図更新って「高そう」「むずかしそう」と思っていませんか?
じつはおトクにラクに更新できる方法があるのです。
パイオニア製カーナビの地図を作っている「MapFan」が、
サイバーナビ(2013年までのモデル)の地図更新を
マンガでわかりやすくお伝えします!

プレゼントキャンペーンは終了いたしました。
たくさんのご応募本当にありがとうございました!

地図が古くて困っていませんか!?

パイオニア製ナビゲーションの地図は、
「MapFan」のインクリメントPが作っています!

おトクに買うことができるんです!

有料の「MapFanプレミアム」便利です。

ナビの更新って大変そう……?

SDカードを使うとほんとにラクです。

ラク! しかもおトク!

ナビ地図定期便、イチオシです!

さあ更新をしてみよう!

おわかりいただけましたでしょうか!?

サイバーナビ地図更新 体験レポート!

ここからは、マンガでお見せした「地図割」を使って、実際に地図更新をやってお見せします!

具体的な手順や、どのくらい時間がかかりそうかなどをイメージしていただければと思います。

なお、今回は2012年モデルのサイバーナビ(AVIC-VH99CS)を対象としました。 モデルによって手順が異なりますので、詳しくはマニュアルをご確認いただければと思います。

こちらのクルマのサイバーナビを更新します。

まずはSDカードの用意

地図更新にはSDカードが必要となりますので、あらかじめ手に入れておきます。

SDカードは16GB以上のものを使います。8GBだと2枚必要になりますのでご注意ください。

それから、カーナビの型番(AVIC-○○)が必要になります。保証書に記載されているので、あれば保証書を用意します。

保証書が見当たらない方は、カーナビ本体に書いてあるのでご安心を。SDカードをクルマに持っていく際にチェックしましょう(メモを持って行きましょう)。

クルマでSDカードの登録

SDカードを持ったらクルマへ。

まずカーナビの型番を確認します。型番はカーナビ本体の見えるところに記載されています。忘れずにメモしておきます(あとで必要になります!)。

このカーナビは「AVIC-VH99CS」でした。

SDカードを挿入しているところ。

次にナビを起動して、SDカードをカーナビに挿入します。すると「このSDカードをPCリンク用として登録しますか?」と表示されるので、「はい」にタッチします。

登録できたらSDカードを取り出します。これでクルマでの最初の作業は完了です。

次はパソコンを使います。家にもどってデータを購入して、SDカードに入れる工程です!

「地図割」クーポンをゲット

ここからステップが若干複雑になりますが、ひとつずつこなせばすんなりできるはずです! クーポンゲットまでにやることは次の通りです。

  1. MapFan会員(無償)に入る
  2. MapFanプレミアム(有償)に入る
  3. クーポンをゲットする

無償のMapFan会員には、こちらからなります。これはカンタンにできました。

続いて、MapFanプレミアムへの入会です。こちらから行います。取得したばかりのMapFan会員IDでログインをして、決済までします。今回は月額コース(300円)にしました。 支払いはクレジットカードでの決済のほか、スマホからだとキャリア決済(電話の利用料金に含める)が使えます。

いよいよ、クーポンの発行です。こちらの右上の赤いボタンからログインすると、すでにプレミアム会員になっているので、クーポン発行ページが表示されました。

クーポン発行ページ

「地図クーポン発行へ」をクリックして、さきほどチェックしたカーナビの型番(ここでは、パイオニアのAVIC-VH99CS)を選択して、発行!

ついにクーポンが手に入りました。会員登録や決済が何度もあるので、精神的にやや疲れますが、更新データを約半額で手に入れるためと自分を励まして進みました。

クーポンコードは、同じ手順で何回でも見ることができますが、すぐに使うのでコピーするなり、メモするなりしておきましょう。

更新データをダウンロードします

データのダウンロードには「ナビスタジオ」というソフトを使います。

今回は「AVIC-VH99CS」なので、こちらのナビスタジオ4をダウンロードします。なお、カーナビがどのナビスタジオに対応しているかはこちらをご覧ください。

ナビスタジオを起動したところ

ナビスタジオをダウンロードして、インストールして、起動します。

初回起動時に「お客様登録」がまだの方は、お客様登録をします。ここで入力したニックネームとパスワードはあとで使いますので、しっかり覚えておいてください!

ふたたびナビスタジオにもどり、「アップデートマネージャー」をクリックします。すると、ダウンロードできるデータが出てきますので、 最新の「全更新データ 2016年度第1.0.0版(CNVU-6600DL)」の横の「ダウンロード予約」をクリックします。

アップデートマネージャーの画面

ダウンロード予約って何だと思いましたが、これはダウンロードが集中しているときに、タイミングをずらしてダウンロードするための機能です。

アクセスが集中していなかったので、予約せずに次に進みました(もし予約が必要でしたら、ご都合のよい日時を予約します)。

ブラウザが起動して、スマートループページが開きます。ここで、お客様登録したニックネームとパスワードを使ってログインします。

スマートループページ。ここからデータを買います。

確認画面がいくつか表示されますので、確認をして次へ進むと、購入画面になります。

ついにクーポンを使うときがきました! 「地図クーポン入力」の欄に、さきほどゲットしたクーポンコードを入力します。

ついにクーポンを使うときがきました。

そして決済。これが最後の決済です!

ついに「地図割」を使い、約半額でデータを購入することができました!

このまま「ダウンロード開始」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。データのダウンロードと、 SDカードへデータのコピーは連続して行われますので、しばらく放っておいても大丈夫です。

私の環境では、ダウンロードに30分。データのコピーに30分ほどかかりました。通信環境が高速(光とか)でしたら、昼休みの1時間ほどでいけそうです。

通信環境に自信がなければ、寝る前にダウンロード開始をしておけば、朝にはSDカードへのコピーまで完了していると思います。

ついにカーナビで地図更新です

データの入ったSDカードを持ったらクルマへ。

SDカードを挿入すると「バージョンアップをおこないますか?」と聞かれますので「はい」をタッチします。

そして、ここがポイントなのですが、更新の方法を「ナビを利用しながら更新」と「ナビを停止して更新」のどちらかを選ぶことになります。

最後の選択

カーナビの更新中は電源を入れっぱなしにしておく必要があるのですが、 「ナビを停止して更新」だと、更新中ナビは使えない(画面が更新状況の画面になる)のですが、約90分で更新が完了します。

一方、「ナビを利用しながら更新」だと、更新中もナビを使うことができるのですが、バックグラウンドで更新するため、410分以上かかります。

どちらがよいかは、状況によると思います。

旅行や帰省の予定があり、来週までに更新しないといけないといった場合は、「ナビを停止して更新」で一気に更新するのが確実です。

とくに旅行の計画などなく、毎日少しずつ運転しているうちに更新されていればいいという場合や、長距離のドライブをする(長時間ナビを使う)ときは「ナビを利用しながら更新」がよいと思います。

今回は「ナビを停止して更新」をすることにしました。

約1時間半後、SDカードからの転送が完了しました。

再起動がかかり、プログラムアップデートの黒い画面になります。これが15分ほどあり、ついにカーナビが最新版になりました!

ちなみに、1時間半じっとしていないといけないわけではなく、ナビは使えませんが運転することはできますし、 途中でエンジン(電源)を切っても、次回の起動時に続きから更新が再開されますので、近所へ買い物へ行ったり、知っている道をドライブするのもよいと思います。

ついに最新版になりました!

更新してみて感じたこと

カーナビの更新って大変そうと思っていましたが、思ったほどではありませんでした(やや複雑ではありましたが)。

大変になってしまうのは、手順がわからずに間違えてしまった場合だと思います。たとえば、SDカードで4GBのものを買って来てしまったり、 ナビの型番をクルマでチェックし忘れてクーポン発行のときにクルマまで調べにもどったり、 パスワードを忘れてしまったりといったことがあると、 たしかに大変なことになると感じました。

今回は、ほとんどつっかえることなく更新することができました。所要時間は次の通りです。

  1. SDカードの登録・カーナビ型番の確認:10分
  2. MapFan会員登録〜地図割のクーポン入手:30分
  3. データの購入・ダウンロード・SDカードへのコピー:1時間
  4. カーナビの更新:1時間半

合計で約3時間半。これでしたら、旅行前の休日を使って半日で更新できます。 ダウンロードが予約なしですぐに開始できたのでよかったですが、予約が必要になると使いたいときに使えなくなるおそれがあるので、 カーナビを使う日が決まっているなら、余裕を持ってやっておきたいです。

また、今回は最初から最後まで一気にやりましたが、それぞれの工程を別の日に分けても大丈夫です。時間のあるときに少しずつ進めるのもオススメです。

それと、ここまでやってこういうのもなんですが、この体験レポートでは触れなかった「ナビ地図定期便」は、やはりラクだなと思いました。

データの入ったSDカードを作るまでの一連の作業をせずに、 最後のカーナビに挿入のところだけをやればいいというのは、これまでの作業は一体何だったんだと思うほどです。

SDカードを買うことや手間を考えると、かなりおトクですし、毎年最新のデータに保てる安心感もあります。

ぜひ、みなさんのニーズにあった地図更新をしていただければと思います。新しい地図で、安心・安全・快適なドライブができますように!


MapFanMapFanオンラインストア

「地図割」または「ナビ地図定期便」が使える サイバーナビ型番


2013年モデル
AVIC-VH0009HUD
AVIC-ZH0009HUD
AVIC-VH0009CS
AVIC-ZH0009CS
AVIC-VH0009
AVIC-ZH0009
AVIC-ZH0007
2012年モデル
AVIC-VH99HUD
AVIC-ZH99HUD
AVIC-VH99CS
AVIC-ZH99CS
AVIC-VH99
AVIC-ZH99
AVIC-ZH77
2011年モデル
AVIC-VH09CS
AVIC-ZH09CS
AVIC-VH09
AVIC-ZH09
AVIC-ZH07
2010年モデル
AVIC-VH9990
AVIC-ZH9990
AVIC-H9990
2009年モデル
AVIC-VH9900
AVIC-ZH9900
AVIC-H9900
2008年モデル
AVIC-VH9000
AVIC-ZH9000
AVIC-H9000