MapFan 法人向け地図・位置情報サービス

お電話でのお問い合わせ 03-6629-4812

ENGLISH

観光向けソリューション 地域・観光向けソリューション

観光案内に特化した「おもてなしマップ」

「おもてなしマップ」は、観光地情報の案内に特化した地図デザインです。
長年にわたって地図・観光情報サービスの運営を行い、蓄積された「MapFan」のノウハウが詰め込まれています。

Webサイトやスマートフォンアプリ、リーフレットなど、様々な媒体でご利用いただけます。
施設名などの表記は、日本語と英語に対応しており、インバウンド用途に最適です。

観光客の誘致に取り組まれる際は、ぜひ「おもてなしマップ」をご活用ください。

特徴

観光地の位置が把握しやすい

「おもてなしマップ」は、観光案内での利用に特化して表示する情報の整理、配色の調整をしており、観光地の位置をひと目で把握できます。
ビルの名前や個人宅、マンションなど、観光案内に不要なものは表示せず、駅や商業施設などの、観光客が必要とする情報のみを表示しています。

現地でも送客をサポート

駅の出入口・信号機・商業施設など、目的地までの道のりで目印となるような情報を見やすく表示しているため、現地でも観光地への誘客をサポートいたします。 また、出発地/目的地を設定してルートを表示する機能もございます。
旅行プランの検討や観光客の周遊促進、ホスピタリティの向上につながります。

カラーユニバーサルデザインに対応

男性の約20人に1人、女性の約500人に1人が色弱者

色弱者は、世界に2億人を超える人数と考えられており、日本では男性の約20人に1人、女性の約500人に1人、日本全体では約320万人以上とされています。これらの方は、一部の色の組み合わせについて、一般色覚型と言われる多数の方と見え方が異なります。

「おもてなしマップ」は色覚の個人差を問わず、より多くの人に見やすい

色弱者の方でも利用しやすい製品・サービス・情報を提供する考え方を「カラーユニバーサルデザイン」と言います。
「おもてなしマップ」は色覚の個人差を問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られていると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構により認証されています。

毎月最新の地図に更新

現地での送客効果を最大限に高めるため、地図情報の更新を年12回実施しています。
経年変化による地図情報の劣化により、誘客・送客の妨げとなることはありません。

導入について

「MapFan API」をご利用の方は、追加料金なしで「おもてなしマップ」をご使用いただけます※。
「MapFan API」は、社内システムで位置情報管理、業務サービスと地図サービスの連携、Webサイトでの法人・商用サービスなど、地図、位置情報に関わる様々なWebシステムにご活用いただける地図APIサービスです。

お客様のご利用方法に合わせた柔軟でリーズナブルな料金でご提供いたします。
無料体験版をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※英語表記の地図、および印刷利用には、オプション契約が必要です。