●おすすめの旅● 小豆島 観光 瀬戸内国際芸術祭

小豆島 観光 瀬戸内国際芸術祭

瀬戸内海の島々を舞台に開催されている「瀬戸内国際芸術祭」。
すべての島を巡るのは難しい、という人のために編集部が選んだのは小豆島。そこはアートだけでなく、ちょっとしたリゾート気分と、そしてノスタルジーに浸れる…
時間を重ねた2人だからこそ、訪れてほしい島でした。

★特集ページはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

石材の庵治石で有名な庵治町(あじちょう)エリアへ出かけてみませんか?

うどん本陣山田家(釜ぶっかけ)

青く透きとおった空!海!美味しい空気…、そして長閑な街並みの香川県。数多くのロケ地が点在しており、庵治町で撮影があった「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地“高松市庵治文化館 (雨平写真館)”は有名!ぜひ、旅行プランをたてて出かけて出かけてみませんか?また、本場讃岐うどんの食べ歩きも楽しいかもしれませんよ!!

旅の思い出にコシのあるうどんを堪能してみては?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

四季折々に美しい瀬戸内海を一望する屋島へ。

屋島寺

高松市にある屋島の名前の由来をご存知ですか?屋根のような形をして元々は島であったことからその名が付いたそうなのですが、この屋島の山頂にある展望台からは、波穏やかな瀬戸の海と一体となった高松市街や多島美が一望できて、四季を通じて豊かな表情を見ることができます。四国霊場第84番札所の屋島寺や水族館など見どころも多く、讃岐うどんはもちろん、瀬戸内で採れたいいだこを使った名物「おでん」など食の楽しみも豊かですよ。「獅子の霊巌」では開運・厄除けの「瓦投げ」も楽しめますので、旅の思い出にぜひ。

☆観光に史跡のロマン、自然たっぷりの屋島へ行こう!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

長い石段を登り、“こんぴらさん”参りへ。

旧金毘羅大芝居

“こんぴらさん”と呼び親しまれ、古来より海の守り神として信仰される金刀比羅宮。豊かな自然と長い石段の合間に御本宮や宝物館などの見どころが点在しており、お参りはもちろんですが、考え方によっては軽く運動(石段の昇り降り)そして森林浴も兼ねることができて、心身ともにリフレッシュができそうです。併せて見逃せないのが、現在する日本最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居(金丸座)」。イベント開催日以外は見学もできますよ。さらに、さぬきうどん作り体験もおすすめです。ここで作り方をマスターすれば自宅でも本場の味を再現することができるはず。旅の思い出にもなりますよ。 ◎画像は「旧金毘羅大芝居(金丸座)」

☆“こんぴらさん”参り、してみませんか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

香川県のグルメ情報 powered by ぐるなび
香川のグルメ 香川の居酒屋
香川の寿司 香川のバー
香川のバイキング 香川の中華
香川のイタリアン 香川の焼肉

新着クチコミ