JAFナビ・ドライブコース特集 powered by JAFナビ

心花やぐ春色探し 古い町並みと桃の花を楽しむ小京都古河の日帰りドライブコース

【茨城/埼玉】総距離 16.8辧唇榮飴間 48分

古河桃まつり

古河桃まつり

ゆきとのくん

ゆきとのくん

古河の風情あふれる城下町・宿場町を通り、古河の美術館を巡るコースです。古河には多くの美術館や博物館があり、また古河駅西口周辺は昔ながらの街並みが残っているところも多く古河の歴史を感じることができます。車を降り、ゆっくりと散策をしながら文学館や歴史観、篆刻美術館などの施設を覗いてみてはいかがでしょう?

また3月20日〜4月6日には古河総合公園で古河桃まつりを開催しており5品種ほど花桃が美しく咲き誇っています。桃まつりを満喫した後は、道の駅まくらがの里こがでお買いものをしてみてはいかがでしょうか。

昨年の7月に新しく開設した道の駅で茨城県最大級の道の駅です。地域で採れた新鮮な野菜を販売しています。中でもおすすめは朝採れ野菜のサンドウィッチがオススメです。是非召し上がってみてはいかがでしょうか。お土産は古河の銘菓『御家寶』で決まりです。

御家寶はきな粉の香ばしい風味の伝統のお菓子です。

JAFナビで見る(会員特典など)

ルート全体

紹介しているドライブスポットをインターネット地図ソフト「MapFan.net」(無料体験版あり)に転送できます。※32bit版Internet Explorerのみご利用いただける機能となります

ブックマーク転送

ルート転送

スマートフォン向けMapFanにルート転送

MapFan+アプリにルート転送

古河篆刻美術館

0.1km/1分

古河街角美術館

0.8km/3分

古河歴史博物館

1.3km/6分

御家寶屋

2.7km/11分

古河総合公園の桃まつり

11.9km/27分

道の駅 まくらがの里こが

※移動時間などは実際の交通状況等によって異なることがございます。

※ルート地図の総距離・所要時間とは数値が異なることがあります。

ドライブスポット一覧

こがてんこくびじゅつかん古河篆刻美術館

古河篆刻美術館

古河篆刻美術館

平成3年に日本で始めての篆刻専門の美術館として開館し、旧城下町の石町通りに面しています。大正9年に建築された3階建て石蔵を、当時の雰囲気を残して展示室に改修したものです。平成10年には、国の登録文化財に登録されました。篆刻は、印章から発展したもので、500年ほど前に中国におこりました。四書五経や漢詩などから語句を選び、篆書という二千数百年前の古文字を柔らかい石や木に刻み、朱色の印泥をつけて紙に押したものを鑑賞するものです。館内には、古河出身の故生井子華の遺作をはじめ、小林斗_・梅舒適・関正人ら日本を代表する現代作家および、日本や中国の?´史的作家の作品を常時展示しています。また学習室では、篆刻体験やビデオ鑑賞や篆刻関連図書の閲覧もできます。

DATA
所在地 茨城県古河市中央町2-4-18[地図]
電話番号 0280-22-5611
営業時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時半まで)
定休日 月曜・第4金曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
料金 大人200円・子ども50円・団体150円3館共通(一般)600円(文学館・歴史博物館共通)

▲ドライブルートへ

こがまちかどびじゅつかん古河街角美術館

古河街角美術館

古河街角美術館

古河街角美術館は、美術分野における市民創作活動の発表の場として、市民が日常気軽に利用し、また先人の優れた作品の鑑賞の場としても利用し、ひとびとにうるおいをもたらそうと平成7年3月に開館しました。1階の展示室は、常設展示コーナーです。2階の2つの展示室を市民ギャラリーとして貸し出しています。河鍋暁斎や奥原晴湖の生誕地、篆刻美術館とも近く、古河の美術史を楽しむ環境にもあります。2階休憩室では、世界の美術のビデオやLDを鑑賞することができます。

DATA
所在地 茨城県古河市中央町2-6-60[地図]
電話番号 0280-22-5911
営業時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 月曜・第4金曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
料金 無料

▲ドライブルートへ

こがれきしはくぶつかん古河歴史博物館

古河歴史博物館

古河歴史博物館

関東地方の中央に位置し、室町時代以来の城下町として栄えた古河。その古河城出城跡に平成2年に開館しました。周辺の景観を生かしたこの建物は、1992年の日本建築学会賞・1996年の公共建築賞を受賞しています(設計=吉田桂二)。常設展示は3室よりなります。1室は古河藩家老鷹見泉石が収集・記録・研究した貴重な蘭学資料の展示。2室では原始古代から近代にいたる古河の歴史の概観。3室では幕末から明治期にかけて活躍した小山霞外・河鍋暁斎・奥原晴湖といった古河ゆかりの文人たちの書画を紹介しています。また、ホールにはオランダの楽器ストリートオルガンがあり、異国の音耀?2を楽しむことができます。博物館向かいには、鷹見泉石の晩年の住まいを公開した記念館があります。閑静なたたずまいの中で、泉石を偲んで一休みしてはいかがでしょうか。

DATA
所在地 茨城県古河市中央町3-10-56[地図]
電話番号 0280-22-5211
営業時間 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 月曜・第4金曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
料金 一般(団体)400円(300円)小中学生100円3館共通券(一般)600円(篆刻美術館・文学館共通)

▲ドライブルートへ

ごかぼうや御家寶屋

御家寶

御家寶

古河名菓『御家寶』はもち米、砂糖、蜜、きな粉を使用した素朴な風味のする無添加のお菓子です。

DATA
所在地 茨城県古河市横山町3-2-24[地図]
電話番号 0280-22-0587
定休日 月曜日

▲ドライブルートへ

こがそうごうこうえんのももまつり古河総合公園の桃まつり

古河桃まつりの様子

古河桃まつりの様子

昭和51年(1976年)より開催されている「桃まつり」は、古河を代表するまつりのひとつです。古河総合公園に5品種の花桃が美しく咲きそろうなか、野点茶店、野外音楽会、郷土物産品の即売会、桃むすめによる場内案内などが催され、期間中、市内のみならず県内外から多くの人出でにぎわいます。矢口、源平、菊桃、寿星桃、寒白の計5種類の桃の花が咲き誇り、まさに桃源郷を思わせます。 公園内の花桃の大半は矢口です。その中に黒川矢口が咲いています。北西のほうには源平、北のほうには菊桃と寒白、東のほうでは寿星桃を楽しむことができます。

DATA
所在地 茨城県古河市鴻巣399-1[地図]
電話番号 0280-47-1129
駐車場 あり(普通車500円)

▲ドライブルートへ

みちのえき まくらがのさとこが道の駅 まくらがの里こが

道の駅まくらがの里こが・外観

道の駅まくらがの里こが・外観

茨城県内最大級の道の駅。地元古河の朝どれ野菜・果物などの販売や古河産の食材をふんだんに使用したフードコート。その他カフェベーカリーやお茶屋などふんだんにお楽しみいただけます。EV車用給電設備も完備しています!

DATA
所在地 茨城県古河市大和田2623[地図]
電話番号 0280-23-2661
営業時間 9:00〜20:00

▲ドライブルートへ

※この情報は、2014年4月時点のJAFナビに基づいています。

特集トップへ