観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

梅雨の花・あじさいの魅力

あじさい 花 名所 みちのくあじさい園

霧がかった杉林一面に咲く西洋アジサイ(みちのくあじさい園)。

雨の日こそ、『あじさいデート』

なぜだか、雨の日の出来事のほうがよく覚えている、ということがある。楽しみにしていたイベントで降りだしたことや、びしょぬれになったこと。よくも悪くも記憶に残って、特別な思い出になりやすいのかもしれない。

そんな雨の日の思い出に、寄り添うように存在するのが「あじさい」だ。梅雨の時期が花ざかりのこの花は、例えば学校の片隅に、近所の庭先に、暗くなりがちな気分をなぐさめるように、雨の中でも凛と咲いていた。

だからこそあじさいは、一緒に月日を重ねてきた二人によく似合う。苦楽をともにし、過去と未来を共有する者同士があじさいを眺めるひととき。きっとまたひとつ、忘れられない雨の日の思い出が生まれるはず。

知っておきたい、あじさいの話

あじさいの有名な話として、シーボルトの恋物語がある。「以前のあじさいの学名である“オタクサ”は、ドイツ人医師のシーボルトが、日本滞在中の妻であったお滝さんの名からつけたと言われます」と教えてくれたのは、あじさい博士こと、「日本アジサイ協会」の杉本誉晃さん。

また、意外に知られていないのが、あじさいは日本原産の花だということ。博士によると、「ガクアジサイ、ヤマアジサイ、エゾアジサイという元々日本にあった代表的な3品種が海外に渡り、ヨーロッパを中心に品種改良がさかんに行われた」という。人気の高い「西洋アジサイ」は、そうして海外で生まれた代表的な品種なのだそう。

あじさいの花

ヤマアジサイの黒姫。やや濃いめのブルーが美しい。

あじさい 花 名所 東山公園

あじさいが一面に咲く姿に心和む(東山公園 あじさいの杜)。

都市圏における環状線の役割

新しいあじさいが誕生する!

次々と新しい品種が誕生しているあじさい。2009(平成21)年農林水産省に品種登録された「八丈千鳥」(写真:右上)は、八丈島で育成されたもの。あじさいのイメージが変わるような、特徴的な花びらの形だ。

愛する人の名前をあじさいに…

あじさいの中には、品種の発見者や育成者の名前、またはその奥さんや娘(「ミセスクミコ」「レディミズキ(写真:右下)」など)の名前が付けられているものも。名前に注目するのもおもしろい!

同じあじさいでも色が違う理由は?

実は、土によって色を変えるというあじさい。酸性は青色、中性は赤紫色、弱アルカリ性は赤色やピンク色になる。アルカリ性が強くなりph7.5を超えると、弱って枯れてしまったり、育たなかったりするという。また、日本に青色のあじさいが多いのは、土壌のほとんどが酸性だからなのだとか。

【あじさい博士】日本アジサイ協会 杉本誉晃さん
「あじさいが日本原産であることを広めたい」との思いから、『日本アジサイ協会』を設立。現在、理事・事務局長を務める。『フランスアジサイ協会』の名誉会員でもある。
あじさい 種類 八丈千鳥

「これがあじさい?」と驚く、個性的なあじさい“八丈千鳥”。

あじさい 種類 レディミズキ

品種育成者の娘さんの名からつけられた“レディミズキ”。

東日本のあじさいおすすめスポットへ

※2015年5月更新

ピックアップ特集

レンタカー 予約 たびらい