観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

あじさい博士・杉本誉晃さんのおすすめスポット 東日本編

奥入瀬渓流

青森県十和田市

勇ましい渓流にひっそりと咲く、野生のあじさい

十和田湖から流れ出す水流からなる『奥入瀬渓流』。躍動感あふれるその水の流れと、ひっそりと自生するエゾアジサイとのコントラストに目を奪われる。博士がおすすめする、「苔むした岩から花を咲かせた、けなげなあじさいの花姿」も一見の価値あり。しかし、この渓流の全長は約14kmあるため、「時間に余裕がある方は、探してみてください」とのアドバイスが。下流の石ヶ戸から上流の子ノ口へ向かって歩くと、だんだんと株数が増えていくそう。この渓流は「十和田八幡平国立公園」内にあり、園内はすべて手つかずの自然を保っている。その一部である野性のあじさいの凛々しい花姿を、じっくりと堪能してほしい。見ごろは6月中旬から。

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流 青森県十和田市

みちのくあじさい園

岩手県一関市

杉林の中に咲き乱れる、一面を覆うあじさいは必見

美しく続く杉林の中を、約300種3万株のあじさいが咲き乱れる。森林浴をしながら、山一面を覆う花々を眺めれば、心やすらぐ時間を過ごせるはず。「元日本アジサイ協会会長の故・山本武臣さんのコレクションもきれいです」と博士が語る“山本コーナー”には、清楚な青色のヤマアジサイが多く植えられている。他にもヤマアジサイの種類は豊富で、黒姫、シチダンカ、クレナイ、エゾアジサイなど多数。ヤマアジサイの見ごろは7月上旬、園芸種(西洋アジサイ含む)は7月中旬以降。期間中、押し花絵の展示やブリザーブドフラワーのアレンジメント教室、郷土芸能などのイベントも。しっとりとしたあじさいの風情と、にぎやかな雰囲気の両方が楽しめそう。

※開園期間について
詳しくは一関観光協会まで TEL:0191-23-2350

みちのくあじさい園

みちのくあじさい園 岩手県一関市

東山公園 あじさいの杜

山形県新庄市

あじさいを鑑賞しながらのピクニックもおすすめ

広い公園内に、約34種4万5千株が咲く『東山公園 あじさいの杜』。「株数の多さは、東日本でも指折りの場所」と博士も推薦するスポットだ。西洋アジサイやタマアジサイなどが、見ごろの7月上旬から中旬には見ることができる。ピクニックをしながら、園内いっぱいに咲くあじさいを愛でるデートも素敵。

東山公園 あじさいの杜

東山公園 あじさいの杜 山形県新庄市

東京サマーランド あじさい園

東京都あきる野市

純白に染まった“アナベルの雪山”は見ごたえ十分!

「山の斜面に広がる“アナベルの雪山”は見ごたえがありますよ」と博士が太鼓判を押すのは、“アナベル”が一面を真っ白に埋めつくす光景。見ごろは6月下旬から7月初旬。園内には全部で約60種1万5千株が群生し、6月上旬から7月初旬にかけてはホンアジサイやガクアジサイなどが咲き変わりで楽しめる。

東京サマーランド あじさい園

東京サマーランド あじさい園 東京都あきる野市

相模原麻溝公園・相模原北公園

神奈川県相模原市

2つの公園で咲き競うあじさいを鑑賞しよう

あじさいが有名な2つの公園。「めずらしいあじさいと出会えます」と博士が語るように、豊富な品種が咲くのが魅力だ。北公園は約200万種1万株、麻溝公園は約200種7,400株が花を咲かせる。見ごろの6月中旬のイベントでは、あじさいの相談に気軽に乗ってくれる。

相模原麻溝公園
相模原北公園

相模原麻溝公園・相模原北公園 神奈川県相模原市

西日本のあじさいおすすめスポットへ

※掲載情報は2015年5月時点のものとなります。現在の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ピックアップ特集

レンタカー 予約 たびらい