観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

都心からひと足延ばして自然の“涼”へ

高層ビルやアスファルトの熱気、街中にいると暑さ以上に熱さを感じてしまう。思い切って都心を離れること1〜2時間。

緑の渓谷、滝、神秘的な鍾乳洞、こんなに清涼な自然が待っています。

御岳渓谷(青梅市)

御岳渓谷(青梅市)の詳細を見る
緑に癒され、水に癒され…自然の中に涼む渓谷ハイキング
御岳渓谷 多摩川
都心から西へ、車または電車で約1時間半。青梅街道と吉野街道の間を流れる多摩川の両岸には、御嶽駅を中心に約4kmの遊歩道が整備されている。ここで紹介するのは、“日本名水百選”に指定された美しい渓流沿いを歩く、沢井駅から御嶽駅までの約1.5km。沢井駅から遊歩道に下り、上流に向かって歩く。夏山の緑は濃く、深い。鳥のさえずりや川面を渡る風、渓流の音…、自然の“涼”を全身で感じよう。気がつけば、緩やかだった流れがだんだんと激しい急流に。ゴツゴツした岩の間をほとばしる、青く澄んだ清流。――御岳渓谷でのひとときは、真夏の清涼剤となるに違いない。

御岳渓谷ハイキングコース地図

自然から、思う存分“涼”をもらおう! 〜滝&鍾乳洞編〜

自然のシャワーでリフレッシュ 払沢の滝(檜原村)
払沢の滝(檜原村)の写真 JR武蔵五日市駅からバスに揺られて30分足らず。払沢の滝入口のバス停で降り、滝へと向かう。歩くこと約15分、視界が開け、木々の緑の間から美しい滝が現れる。滝つぼの近くまでいき、見上げる一の滝は高さ26m。勢いよく流れ落ちる水音と、水しぶきを含んだ冷涼な空気が、身体の熱を解き放ってくれる。 払沢の滝(檜原村)の詳細を見る
自然が生んだ神秘の涼空間 日原鍾乳洞(奥多摩町)
日原鍾乳洞(奥多摩町)の写真 JR奥多摩駅からバスで約30分。日原川支流の小川谷に、関東随一の規模ともいわれる鍾乳洞がある。平日は入口近くまで行くバスがあるが、土日祝はバス停から約25分歩くそう。しかし年間を通じて11度という洞内は、夏の涼スポットにもってこい。見事な石筍や石柱、自然の造り出す幻想的な世界に、外の暑さを忘れるはず。 日原鍾乳洞(多摩町の詳細を見る

「“涼”薬、口に甘し」東京で天然氷が食べられるなんて…

※2015年6月更新

ピックアップ特集

レンタカー 予約 たびらい