観光楽地図

“大人のための、次の旅”が見つかる観光・旅行情報サイト

※観光楽地図内に掲載されている料金は、2014年3月以前の税率である場合がございます。ご了承ください。

インドアにこんな“涼”見つけました

もっと身近に涼しい場所はないものか…。そう、あるんです。涼しさのポイントは“水”。

水族館に、水がテーマの科学館、そしてバー、屋内で涼しい幸せに浸りましょう。

エプソン アクアパーク品川

エプソン アクアパーク品川の詳細を見る
  • エプソン アクアパーク品川 ザ スタジアム イルカパフォーマンス
  • エプソン アクアパーク品川 アクアジャングル
  • エプソン アクアパーク品川 コーラルカフェバー

(上)『ザ スタジアム』 オープン以来大人気のイルカパフォーマンスが、ウォーターカーテンや照明を新設してさらにグレードアップ!(左)『アクアジャングル』 世界のジャングルシーンを凝縮し、淡水魚・爬虫類・両生類を初展示する、色鮮やかな空間。(右)『コーラルカフェバー』 発光サンゴが放つ神秘的な光で幻想的な雰囲気を創出したカフェバー。

夏の夜こそ水族館がアツイ
あの「エプソン 品川アクアスタジアム」がフルリニューアルし、「エプソン アクアパーク品川」として帰ってくる!2フロアに11のゾーンが構成され、最先端の“癒し”と“驚き”、そして生きものたちをより身近に感じることができる新しい都市型エンターテインメント施設だ。さっそく今年の夏に体験しよう!
涼ポイント
エプソン アクアパーク品川 ジェリーフィッシュランブル

『ジェリーフィッシュランブル』では、天井・壁が鏡面となった幅9m×奥行き35mの大空間に、楕円型シンボリック水槽と7つの円柱水槽、ムービングライトが設置され、時間や季節で異なる演出で最大限の“癒し”を提供!

deep blue tokyo(六本木)

deep blue tokyo(六本木)の詳細を見る
  • deep blue tokyoの内観写真
  • 地下1階のラウンジの写真
  • 淡水魚の部屋の写真
  • deep blue tokyo 料理 イメージ

(上)地下2階はカップルまたは女性2名限定。(左)地下1階のラウンジはカウンターもあるからお一人様でも。(中)1階には淡水魚の部屋など3つのパーティールームがある。(右)旬の素材を使ったメイン料理も魅力だ。

そこは日常を忘れる別天地
都会の中で見つけた秘密の避暑地。階段を下りると、そこはアクアリウムレストランバー。3つのフロアに分かれた店内はそれぞれ異なる雰囲気だから、シーンによって使い分けて。人気が高いのは地下2階。2名用のブースにはそれぞれ水槽が備えられ、特別な夜を演出してくれる。もちろん、週末には予約していくことがおすすめだ。
涼ポイント
deep blue tokyoの内観写真

地下1・2階はカクテルメニューが充実。魚たちがスイスイと泳ぐ水槽を眺めながら、フレッシュなカクテルを。

東京都水の科学館(有明)

東京都水の科学館(有明)の詳細を見る
  • 東京都水の科学館の内観写真
  • アクアフォレスト
  • アクア・ラボラトリーの写真
  • 東京都水の科学館の内観写真

(上)4面に映し出される大迫力の映像で、あたかも“水つぶ”になったような気分で水の大循環を体感できる!アクア・トリップ。(左)水のふるさと、水源林について、クイズで楽しく学べるよ!アクア・フォレスト。(中)巨大シャボン玉の中に入れる!?楽しい実験ショーも毎日開催中!アクア・ラボラトリー。(右)くらしのなかで身近な水。身近な水のことをもっと知ろう!アクア・タウン。

水の不思議を再発見!
水の流れを見たり、音を聞いたり、触ったり…、水は私たちを涼しく感じさせてくれる。そんな水について、よく知っているようで本当は知らなかったりする。ここは東京湾に臨むレインボータウンにある“水”のテーマパーク。そして実際に水道水を供給している給水所でもある。様々な体感型展示で、水の姿を解明しよう。
涼ポイント
東京都水の科学館の外観写真

夏らしいイベントやワークショップが多数開催予定。

都心でも“涼”を感じることができる公園や庭園

※掲載情報は2015年6月時点のものとなります。現在の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ピックアップ特集

レンタカー 予約 たびらい